千葉県を中心に襲った台風15号。塗装屋としてできることとは。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

まずは、今回の台風15号の影響により、被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。

一日も早い復興・復旧を、心よりお祈り申し上げます。

台風15号の影響

9月8日から9日にかけて関東地方を直撃した台風15号。

特に被害を大きく受けたのが千葉県。

関東に上陸した台風としては、過去最大級となりました。

千葉市では、風速35.9メートル、最大瞬間風速57.5メートルを観測。

猛烈な雨もあり、千葉県市原市では6時間降水量が194ミリ、静岡県伊豆市では1時間降水量が109ミリと、いずれも観測史上最大値を記録しました。

雨・風ともに最大級となった今回の台風。

千葉県を中心に様々な被害をもたらしました。

けが人が重軽傷者合わせて89人。

住宅への被害も多く、全壊が8棟・半壊が20棟・一部損壊が6285棟確認されています。

上記の被害状況は、9月19日(木)時点での状況です。

現時点での被害状況の把握が難しい地域がいまだある状況なので、被害件数は今後さらに増える見通しとなっています。

そして、今大きな問題としてニュースでも度々目にするのが、大規模停電。

電気がつかないと、部屋が暗くなるばかりではなく、冷蔵庫・洗濯機、そしてこの時期に使えないと大変不便なエアコン。

9月に入ったとはいえ、まだまだ暑い時期。

今回の停電がおきた千葉県では、9月9日からの一週間の熱中症患者は、全国で最も多い498人にも上りました。

水道も、断水が続いている地域もあり、被害は深刻化しています。

1日も早い復興・復旧を願っています。

予防策

日本は台風からは逃れられない国。

毎年多くの台風が通過し、被害をもたらします。

台風は避けられないものではありますが、被害を最小限に抑える対策は行うことができます。

その対策として、我々塗装屋ができることを今回お伝えしようと思います。

外壁対策

まずは台風が来る前に、現状のチェックを行います。

外壁だと、ヒビが入っていないか、浮き上がりがないかなどをしっかりとチェックします。

もしヒビや浮き上がりなどがあった場合、そこから雨漏りがおこることもあります。

たとえ少しのヒビでも、きちんと専門の業者に見てもらい、対処することをおすすめします。

しっかりと塗装で補強をして、台風に備えましょう。

屋根対策

屋根のチェックは屋根に登ったり、高いところからのチェックになり、危険を伴うので、専門の業者に頼むことをおすすめします。

屋根も外壁同様ヒビが入っていないのか、瓦の場合はズレがないかなどをしっかりみてもらいましょう。

屋根も劣化がおきていると、ひどく雨漏りをおこします。

また、今回の台風15号の影響のニュースでも多く取り上げられていましたが、ひどい雨漏りがおきると、天井などにカビが発生してしまいます。

大量にカビが発生し、そのままの状態にしておくと、人体にも影響を及ぼします。

特に赤ちゃんがいるご家庭は心配ですね。

屋根もしっかりと塗装で補強をしておきましょう。

その他の対策

外壁や屋根などの、塗装で対策ができる箇所以外の場所の対策もご紹介します。

①雨どい・排水溝

雨どいや排水溝は、雨水を流す役割がありますが、台風の激しい雨風の場合、ゴミや枯葉などで汚れていると、うまく流れなくなるだけではなく、逆流するおそれもあります。

逆流がおきると、屋内にも雨水が侵入するおそれがあります。

そのようなことがおこらないためにも、台風前にはしっかりと雨どいや排水溝の掃除をしておきましょう。

②ベランダ・家まわり

ベランダや家まわりに、植木鉢や物干しざお、ゴミバケツなど飛んでいきそうなものは、中に入れておくか、ロープなどでしっかりと固定をしておきましょう。

飛んでいくと、ガラスに当たって割れたりなど、家に危害があるだけではなく、隣家や通行人などに危害を与えてしますおそれもあります。

しっかりと確認と対処を行いましょう。

まとめ

今回は、台風における外壁や屋根の対策などをご紹介しました。

台風15号の被害はとても大きなものになりました。

さらに、つい先日は、台風17号が通過し、九州にも被害をもたらしました。

日本には、次々に台風がやってきます。

被害を最小限に食い止めるためにも、しっかりと対策を行なうことをおすすめします。

台風のことや、その他どんなことでもご相談お待ちしております。

今回の台風での被害の一日も早い復興、復旧を心からお祈りします。

↓↓お問い合わせはこちら↓↓

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です